相続・遺言・生前贈与の総合窓口

刈谷駅前・相続相談室 法と心で楽しく幸せに 司法書士あいち司法&相続

  • TOP
  • お問い合わせ
  • アクセス
  • サイトマップ
  • 受付時間 平日9:00~19:00(面談は夜間・休日可) 0120-130-9140120-130-914
  • 面談予約はこちら
  • 安城支店 安城市役所横 駐車場あり
  • 刈谷駅北口徒歩3分
  • 無料相談はこちら
  • お客様の声はこちら
  • 料金表はこちら
  • LINEで相談受付中

生命保険を活用する

納税(資金)対策

相続税は金銭で一括納付が原則です。
そこで生命保険が役に立つわけですが、なかでも「終身保険」が最適です。
保障が一生涯続くので、死亡時には必ず保険金が受け取れるからです。

しかし、相続税額に見合う分の保障額の保険に加入しようとすると、保険料も高額になってしまいます。
その対策として、保険期間を長くした「定期保険」や「定期付終身保険」が利用でき、以下のメリットがあります。


1)受け取る死亡保険金には非課税枠があります。

契約者、被保険者が同一人で、死亡保険金受取人が法定相続人の場合、受け取った保険金は「みなし相続財産」として、相続税の課税対象となります。
そのうち法定相続人数×500万円が非課税になります。

例えば、夫が死亡して妻が3,000万円の保険金を受け取った場合で、子供が3人いたとすると、法定相続人数4人×500万円=2,000万円が非課税となり、残りの1,000万円が他の相続財産と合算され、課税対象となるだけなのです


2)加入と同時に納税対策ができます。

加入と同時に何千万円という資金準備ができます。
これが銀行預金などの積立との大きな違いです。


3)保険金受取時まで課税は発生しません。

銀行預金では利息に20%の源泉徴収がされますが、生命保険の場合、配当金も受け取った保険金と一緒に相続財産となり、契約途中での課税は発生しません。


4)現金で受け取れます。

相続税は、原則として発生から10ヶ月以内に金銭で納付しなければなりません。
ですから不動産などの固定資産だけを相続したような場合、売却して資金を調達することになります。
もちろん延納や物納という方法もありますが、利子もかかる上、手続も面倒です。
※なお、相続財産を無傷で残すためには、受け取る死亡保険金にかかる相続税分も計算に入れて、保障額(保険金額)を決める必要があります。


現物分割に生命保険を利用する

相続財産のほとんどが不動産だという場合に、相続人が数人居ると家を分割するわけにもいかず困る場合があります。
この場合不動産は遺言で一人に遺贈し、他の人を生命保険の受取人に指定して、その死亡保険金を与えればいいのです。
ただし、
保険金額は遺留分の額以上にしておくことが大事です。



代償分割に生命保険を利用する

商売をしている場合は、遺産分割すると商売ができなくなってしまうということがあります。
このような場合、「代償分割」という方法が使われます。

「代償分割」とは、相続人の一人が財産を受ける代わりに、他の相続人には相当の金銭や別の資産をその代償として支払うというものです。
この場合、代償分割の支払いのための資金を生命保険で準備することになります。

ですから、財産を受ける人を死亡保険金受取人に指定しておけば、一度受け取った保険金を他の人に支払うことができます。
※遺産分割対策は商店などを経営している場合だけでなく、会社経営者の場合も必要です。

同族会社などの場合、株式の多くを社長が持っているケースが多いようです。
また、会社を子供に継がせたいと希望している経営者も多いようです。
こういった場合、社長が死亡して保有していた株式を会社の経営に関係のない、後継者以外の相続人に分割すると、その後それらの相続人から会社に対して自社株の買い取り請求を受け、経営を圧迫するといった事態にもなりかねません。

会社経営を安定的に承継するためには、後継者一人に自社株を相続させることが必要です。
そこで、上記の生命保険を活用した遺産分割対策が必要になるのです。



当サイト人気コンテンツベスト5

top1.JPG
top2.JPG
top3.JPG
top4.JPG
top5.JPG

 

相続の基礎知識 相続手続 相続放棄 相続放棄・限定承認
相続時の不動産問題 相続税情報 遺産分割協議 生前準備
遺言 成年後見 事業承継 相続対策
生前贈与 相続相談の流れ 民事信託 遺贈とは
借地権とは 当事務所の特徴・理念 お客様の声 ご協力先
ボランティア活動報告 相談費用 代表者紹介 スタッフ紹介
よくあるご質問 当センターへのQ&A ノウハウブック 事務所概要・アクセスマップ
お問い合わせ サイトマップ プライバシーポリシー トヨタ系社員様向けのご相談

 

岡崎の相続相談 岡崎の遺言相談 岡崎の放棄相談 岡崎の贈与相談 安城の相続相談 安城の遺言相談
安城の放棄相談 安城の贈与相談 高浜の相続相談 高浜の遺言相談 高浜の放棄相談 高浜の贈与相談
豊田の相続相談 豊田の遺言相談 豊田の放棄相談 豊田の贈与相談 三河の相続相談 三河の遺言相談
三河の放棄相談 三河の贈与相談 知立の相続相談 知立の遺言相談 知立の放棄相談 知立の贈与相談
大府の相続相談 大府の遺言相談 大府の放棄相談 大府の贈与相談 東浦町の相続相談 東浦町の遺言相談
東浦町の放棄相談 東浦町の贈与相談 豊明の相続相談 豊明の遺言相談 豊明の放棄相談 豊明の贈与相談
西尾の相続相談 西尾の遺言相談 西尾の放棄相談 西尾の贈与相談 碧南の相続相談 碧南の遺言相談
碧南の放棄相談 碧南の贈与相談 半田町の相続相談 半田町の遺言相談 半田町の放棄相談 半田町の贈与相談
           

 


安城事務所
(行政書士法人支店)


刈谷事務所
(司法書士・行政書士法人本店)

司法書士 あいち司法&相続
行政書士法人あいち行政&相続

(刈谷事務所 司法書士・行政書士法人の業務)
〒448-0027 
愛知県刈谷市相生町二丁目29番地2 K-frontビル3F

(安城事務所 行政書士法人の業務)
〒446-0041
愛知県安城市桜町17番地5 APビル 3F

TEL:0566-62-5811 受付時間365日24時間受付(面談は要予約)
※土・日・祝日及び時間外の対応も可(事前にご相談ください)
代表者 今井 裕司
愛知県司法書士会所属 愛知第1112号
法務大臣簡裁訴訟代理認定番号 第118116号
愛知県行政書士会所属 第16190958号